卒園記念品・卒業記念品オリジナル写真マグカップ・夏の工作・イベント・粘土・学校教材の美濃粘土
陶芸・粘土・卒業記念の美濃粘土
         
毎年この時期は夏の工作グッズが大人気!夏休みやイベント、子供会などで楽しくあそぼう!

 HOME工作に没頭 工作キット≫透明キャンドル制作キット クリアキャンドル


               手作りキャンドル制作キット



・卒園・卒業記念品大好評!

・岐阜県多治見市にリボンとパワーストーンのお店 はじめました。

・大人気ひかるどろだんご



卒業記念品 マグカップ
夏休みの工作キット
素焼きにかんたん絵付け
安心工作用粘土
陶芸用粘土
陶器に色付けグッズ


・スイーツデコで大人気のMilkyRibbonこと山田けい先生のレシピ本 第4弾はせっけんスイーツ!



美濃粘土 個人情報
美濃粘土 特商法

●定休日
・・・日・祝祭日・第2、4土
●その他

・・・夏季・年末、年始


豆知識
→野焼きの仕方
→楽焼の仕方
→陶芸の歴史
→陶芸作品の作り方


このサイトを運営することで発生するCO2はカーボンオフセットされています

 

リユース 当社に運ばれる資材の多くにはダンボールが使用されております。環境への負荷を減らすため当社ではそのダンボールの中でキレイなものを積極的に再利用しております。




ぷるんと透明キャンドル

自分でつくる
 クリアキャンドル

透明感いっぱいのステキな手作りキャンドルが、簡単に作れます!!

手作りキャンドル

テーブルの上のちっちゃなアクアワールド。
キャンドルの中にお気に入りの小物や思い出をちりばめてポッと灯をともせば、
心やすらぐゆったりとした時間があなたを包んでくれるでしょう。

■クリアキャンドルセット
<セット内容>
●キャンドル 200g(約50〜70時間点灯可能)
●台座付き芯 2本
●装飾用砂 50g
●貝殻セット
●ガラス製魚 2匹
●カラーパレット 4色
※グラスは含まれておりません。
お好きなものをご用意下さい。


価格 ¥945(税込)

申し訳ございません。製造中止いたしました。

クリアキャンドル

■キャンドルの作り方
手作りキャンドル作り方
80度C以上の湯せんでキャンドルを溶かします。(直火の場合は引火する恐れがありますのでご注意下さい。) 溶かしたキャンドルを薄く入れ、グラスの中心に台座付き芯をセットし、装飾用砂を適宜と貝殻を入れます。 その上に溶かしたキャンドルを3分の1位入れ、固まったら魚をセットします。 残りの溶けたキャンドルを上から足します。 キャンドルが寒天状に固まったら出来上がりです。

ひと工夫でバリエーションがどんどん広がります
アレンジ1- キャンドルの中に入れる装飾小物を変えてみよう! 手作りキャンドル
色とりどりのガラスビーズ・海でひろったがラス片・ビー玉・ドライフラワー(使用した時は燃えてしまいます)etc・・・
アレンジ2- キャンドルに色を付けてみましょう!
付属のカラーパレットのお好みの色を切り離し、溶かしたキャンドルに浸すと色が付きます。色々な色で試してみましょう。

アレンジ1、2を組み合わせてオリジナルキャンドルを楽しんで下さい。

■用意する器材
  • キャンドル溶解容器--例えば鍋又はフライパンなど取っ手のあるもの。
  • コンロ--ガスコンロ、簡易ボンベガスコンロ等でも良いが、出来れば温度調節可能の電気コンロが望ましい。
  • 無色グラス又は有色グラス--形はお好みの物。
  • グラスと台座付きキャンドル芯を接着する接着剤--瞬間接着剤が望ましい。
  • 色付--付属のカラーパレットのお好みの色を切り離して溶けたキャンドルに浸して下さい。
  • 香料--油性の香水などを混入することが出来ます。
  • 装飾品--付属のセット以外でも中に入れることが出来ますが、不燃物で耐熱品を使用して下さい。

■簡単な作り方 5段階
  1. 使用のグラスを洗浄し、水分を完全に拭き取り、よく乾燥させます。

  2. 瞬間接着剤でグラスの底にキャンドル芯の台座を接着し、好みの装飾をします。(砂等を入れ貝殻等を並べます。)

  3. 用意した溶解用容器にキャンドルを入れ弱火にあて、キャンドルが完全に溶けるまで待ちます。80度C位が最適温度、色を付加したい場合はこの時に混入します。

  4. 好みにより香水をキャンドルに入れます。(香水はキャンドル量の3%を超えないことが望ましい。過量にまぜるとキャンドルが濁る場合があります。)

  5. 液状になったキャンドルを、用意したグラス又は容器に注意深く注ぎます。
  ※キャンドルの中に泡が欲しい場合は、キャンドルが固まり始めるまで待って注ぎます。
  ※泡を少なくしたい場合は、溶解して時間をあまり置かないで注ぎます。
    その後、キャンドルが冷めるまで待ちます。(キャンドルが溶ける前の状態)
■注意事項
  • クリアキャンドルには、食品や化粧品に使用されるオイルが含まれていますので、キャンドル製作時は容器、器材を十分乾燥させて下さい。乾燥していないと溶解時にキャンドルが跳ねたり、濁ったりして品質も低下しますのでご注意下さい。

  • 溶けたキャンドルは高温になっていますので、やけどにはご注意下さい。

  • キャンドルは、キャンドル以外の目的では使用しないで下さい。

使い方いろいろ
記念品に最適!↓ 陶芸の感動はここから↓ ★こどもの心を養います↓ ★人の集まる場所で活躍!↓ ★本焼きできます↓
卒業記念品 オリジナル写真マグカップ 陶芸 楽焼き 粘土を体感 イベント・キャンプ 陶芸 窯
★ホワイトボディに彩色↓ ★熱湯で絵付けができる↓ ★涼やかな風の音。↓
素焼きに描く マグカップ 絵付け 風鈴ウィンドベル

お買い物カゴを確認する

超リアル 立体コピー材

 

WEBだけ限定
ハニワ 販売 素焼きの絵付けセット ビールのコースター

=美濃粘土の商品は=
 子どもたちが好奇心を抱き、創造力を働かせ、モノを作り、感動するという一つの流れを大切に商品を開発しております。ここは岐阜県多治見市という日本有数の陶磁器の産地ですので、陶芸粘土工作粘土卒業記念品/卒園記念品/
立志記念品オリジナル写真マグカップや皿・いろいろな素焼に絵を描く商品など、陶芸や粘土・陶磁器に関する商品へのこだわりがあります。また、主に学校・幼稚園向けに教材として販売しており、園児・児童でも扱いやすく、安全でかつ興味をひくような仕掛けが各商品に織り込まれています。もちろん大人の方でも知らないうちに、制作に没頭してしまいます。
  粘土について・・・私どもは、50年前から陶磁器・タイルなどの粘土原料を製造している粘土のプロフェッショナルです。そのノウハウで子どもたちが扱いやすい粘土を厳選し、提供しております。
  陶芸について・・・陶芸と粘土は切っても切り離せません。子どもたちの陶芸は扱いやすい粘土でなければいけないと考えています。また、粘土で作るのみでなく、マグカップなどの陶磁器に絵付けをしたり転写をしたりするのも陶芸の楽しさです。マグカップなどの素材や彩色道具も提供しておりますので、陶芸をよりいっそう楽しんでいただければと思います。
  卒業記念品/卒園記念品/立志記念品について・・・子どもが成長していく過程には、たくさんの思い出があふれています。その一瞬を卒園・卒業記念品オリジナル写真マグカップやタイルなどに転写してみんなで共有できたら、その思い出も色あせることなく残ります。是非卒園・卒業記念品オリジナル写真マグカップやタイルに残してみてはいかがでしょうか。自分で作る記念品もございます。
  工作・・・工作というのは子どもたちの創造力を育むツールです。子どもたちが私どもの商品に一つ創造力を働かせ工夫することでみんなと違う、オリジナルの宝物ができあがる物をたくさん用意しております。


SSL対応安心ショッピングカート!
ショッピングカート
会社概要よくあるご質問お買い物方法お問い合わせプライバシーボリシー特商法表示
..........................................................................................................................................................................................................................................................

■ひかるどろだんご制作キット■ひかるどろだんご色だんご制作キット■手型・足型・型取りキット

■テラコッタ粘土■みんなが作りやすい陶芸粘土■本焼き窯もついてる陶芸キット■野焼きの仕方
■簡単に野焼きができるキット■楽焼の仕方■陶芸作品の作り方
■ブロンズ像を粘土で作る
■最も可塑性のある粘土■昔ながらの紙粘土■究極のエコ粘土
■卒園・卒業記念品マグカップ
■石膏の型取■縄文土器の発掘

粘土・陶芸・教材・工作・卒業記念の美濃粘土オンラインショップ

..........................................................................................................................................................................................................................................................
Copyright(C)2016  美濃粘土株式会社  All  rights Reserved.